身長に悩みを抱える人は多い!

子供の身長が思ったように伸びていないときにはホントに心配になってきます。

我が家の子供は、上の子供は、小学生の高学年の女の子、下の子供は小学生低学年の男の子です。

 

もし、私が小学生の身長についてまったく調べていなかったのなら何にも気にせずに身長を伸ばすのに大事な時期を何の対策もせずに過ごしてしまう可能性が高いです。

 

しかし、私自身が身長が伸びなかった経験があり、子供が大きくなる前に子供の身長を伸ばすため納得できる知識を得ることができました。

 

結果が出るのは、まだ先ですが、本当にラッキーなことだと思っています。

 

私自信は、身長を伸ばしたくて、中学生、高校生時代には、牛乳をたくさん飲んだり、煮干しをおやつに食べてみたりしました。

でも、思ったようには身長は伸びなかったです。
その代わりに、牛乳を飲んだ数時間後には、トイレに駆け込んで30分ぐらい下痢と格闘したころを覚えています。

 

その頃、身長を伸ばすには牛乳を飲めば身長が伸びるなんてことが当たり前のように言われ、それをそのまま信じて実行していたんです。

 

今なら、それが間違った情報であったことははっきりとわかります。
その他にも身長を伸ばすために必要なことを、たくさん理解することができました。

 

私がここまで真剣に、より正しい情報を調べたのは、これまでの背活で身長が思ったよりも伸びなかったことで悔しい思いをしてきたため。

どうしても、子供たちには、万全の状態で成長させたいと思っているからです。

 

子供の身長の伸びには個人差がありますが、科学的な統計調査により得られた結果に基づいているので、医学的に問題のない多くの子供が同じような傾向になる確率は高いです。

 

医学的に問題があるというのは、低身長症の場合です。低身長症の子供は成長ホルモンが正常に分泌されません。そのため、医学的に成長ホルモン投与の治療が必要になります。

 

シッカリ理解して、子供の身長が最大限に伸ばせるように、子供が丈夫に成長していくように、これから紹介する方法を実践していってください。

 

子供の身長は遺伝にはあまり関係しない!

子供の身長を伸ばす方法を語るうえで最も考えておかなければならないことは、子供の身長の遺伝による影響です。

遺伝による影響で身長が伸びないなら、もうあきらめるしかありません。

しかし、遺伝の影響はあまり高くありません。

 

最近の研究によると、身長の遺伝による影響はおよそ25%。残りの影響は、生まれてから子供が経験する環境によって決まることが分かりました。

 

一卵性双生児が生まれてから離れ離れで生活をして、まったく異なった生活環境を得た場合に、身長差体格差がある子供に成長した記録。

日本人でも、平均身長が戦後の60年で男女とも10センチ以上伸びている記録、日本人の平均身長が最も低かった時代が江戸時代、縄文時代は、かなり身長の高い人が多かったという記録。

これらの記録を見てみるだけで、身長が、生まれてからの環境で決まっていると理解することができることと思います。

 

遺伝の影響はあまりないことが理解できたと思うので、次に子供が生まれてからの環境の影響について理解していきましょう。

 

生まれてからの環境の影響は?

子供が生まれてからの環境の影響で、身長の伸び大きな影響があるのは、毎日の身長の伸びと、思春期の期間です。

 

日々の身長の伸びに関しては、多くの人が理解できると思いますが、思春期の時期がどのように身長の伸びに影響しているか、知らない人が多いと思います。

 

思春期とは、子供から大人の体へと変化する時期のことです。
大人の体になる過程で、骨の形が大人の骨に変化するため身長の伸びが止まってしまいます。
なので、身長を伸ばすには、できるだけ遅く思春期が到来して、長い期間、骨が伸びる状態を維持することが重要なことなんです。

 

思春期の時期なんて子供によって違って当たり前で、制御できないと思う人は多いと思います。
しかし、最近の調査で、思春期の時期は、肥満や睡眠時間(睡眠の質)に大きく影響することが分かってきたのです。

 

以上より、子供の身長を伸ばすには、普段の生活から、「身長の伸び」と「思春期の時期」を意識して、子供をサポートしていくことが大切なのです。

 

身長の伸びをサポートするには?

普段の生活から、身長の伸びをサポートするために大切な要素は、「栄養素」、「運動」、「睡眠」の3つです。
栄養面では、骨を作る栄養素、成長ホルモンを作る栄養素、吸収されにくい栄養素であるカルシウムの吸収を促すなどの栄養素をサポートする栄養素を摂取しなければいけないなどと、すべての栄養素を満遍なく摂取しなければいけないということも言われています。

 

しかし、最も重要な栄養素は、アルギニンとタンパク質です。

 

これは、デンマークで行われた6歳から13歳の子供の大規模統計調査によって判明した事実です。
現代の子供は栄養面では、戦後の日本人のような栄養状態が悪いことはありません。
そのため、カルシウムが本当に不足する、ほぼ子供はいません。

 

両親の身長、経済状況、食べていたもの、各栄養素、体の各部分の大きさを調べていて、結果的に身長とアルギニンとタンパク質に焦点を絞って論文に仕上げてあります。

 

6歳から13歳の子供で、タンパク質は、1日当たり、65gから79gの間で身長の伸びがピークになります。アルギニンは、2.5gから3.2gで身長の伸びがピークになります。

 

食べるものの割合から考えると、アルギニンの摂取量が、以下に身長への影響が大きいか理解できます。
論文でも、子供の身長への影響は、アルギニンが最も強く表れることが結論づけられているのです。

 

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す栄養素であることが分かっています。

 

以上の知識から、子供の身長を伸ばすために、タンパク質を普段からたくさん食べること、そして、アルギニンの量は毎日この量は摂取できるようにしておくことが大切なのです。

 

また、一日のうちで身長が伸びる時間帯は、寝ている時間帯です。質の高い睡眠が成長ホルモンの分泌を促すことで、身長が伸びてくるのです。
質の良い睡眠は、小学生なら10時間以上、中学生や高校生ならば8時間から9時間以上は必要になります。

 

そして、質の良い睡眠を促すには、日中、外で元気いっぱい遊んで運動することがとても役立ちます。
特に、全身を使う有酸素運動や、骨に刺激を与えるジャンプ運動により、全身の程よい刺激が細胞分裂を促す効果があります。

正しい運動を行っていれば、成長ホルモンの分泌も促され、栄養素、質の高い睡眠で、寝ている間に、骨が成長し、身長が伸びてくるのです。

 

普段から、正しい栄養素の摂取、正しい運動、質の高い睡眠を心がけ実践していくことが身長を伸ばすカギになってきます。

 

思春期の時期を遅らせるには?

思春期の時期に影響する調査としては、日本人の子供と、欧米の子供の睡眠時間を比較すいてみるとよく理解できます。

 

世界一平均身長の高い国はオランダです。男性184センチ、女性171センチです。
日本人は、男性171センチ、女性159センチです。

 

10センチ以上の身長差があるのです。

 

子供の身長は、14歳くらいまでは、日本人の欧米人も平均身長の差はありません。その後、日本人の平均身長は止まってきてしまうのです。

 

日本人の子供と欧米人の子供の睡眠時間を調べた調査によると、10時間以上寝ている子供の割合が、欧米人は日本人の子供より2倍から3倍の割合。8時間未満の睡眠時間の割合は、日本人の子供が、欧米人の子供の32倍という結果が出ています。

 

思春期の時期も、日本人が欧米人よりも1年以上早いという調査結果があるのです。

 

これらの結果を総合することで、日本人は、睡眠時間が短いために思春期の時期が早く到来してしまい、早く大人の体に変わり身長が止まってしまうということが理解できるのです。

 

なので、身長を伸ばすためには、思春期の時期を遅らせるため、小学生なら10時間以上の睡眠時間を心がけ質の高い睡眠を得る必要があるのです。

 

最近の調査によると、この思春期に影響するのは、睡眠ホルモンであるメラトニンが影響していることが分かってきました。

メラトニンが十分に分泌されることで、性ホルモンの働きを抑えることに繋がり、思春期の到来が遅くなるのです。

 

また、思春期の到来に影響を与える他の要因が肥満です。

太っていると、性ホルモンの分泌が促されます。性ホルモンの分泌により思春期が早く到来し、早く大人の体になることで、身長がストップしてしまうのです。

 

そのため、小学生で太ってきたと実感したのなら、ウィーキングやジョギング、水泳などシッカリ行いダイエットするようにしてください。

程よい運動で、程よく疲れ睡眠の質も高まり、身長を伸ばす効果が高まります。

 

子供の身長を効果的に高めるためには?

以上で、子供の身長を伸ばす方法を見てきましたが、子供の身長の伸びを効果に高めるために、特に実践してもらいたいのは、栄養面でアルギニンをシッカリ摂取することです。

 

タンパク質も重要ですが、アルギニンの必要摂取量は、小学生で2.5gから3.2gです。
タンパク質と比べると圧倒的に少ない量ですが、身長の伸びに大きく影響します。

 

タンパク質もアルギニンも、肉類、魚類、豆類、乳製品などに含まれますが、アルギニンを食事から摂取するのはタンパク質を必要量摂取する以上に難しいことです。
毎日となる現実的ではありません。

 

そこで、おすすめになってくる方法が、身長サプリを利用することです。
ただし、ほとんどの身長サプリには、アルギニンは少量しか入っていません。

 

アルギニンが十分な量は言っている身長サプリは、あまりありません。
化学的な統計調査に基づくなら、アルギニンを摂取するため身長サプリを選ぶのが最も効率よく身長の伸びを高めることです。

 

他の栄養素も満遍なく摂取したいと思う人もいると思います。
どの身長サプリを選ぶかは、あなた次第です。

 

しかし、科学的に信頼できる結果がある結果に基づくものを選ぶのが、現段階では身長を伸ばす確率がもっと高いことです。

 

子供の身長を伸ばすサプリランキング

ドクターセノビル

 

 

ドクターセノビルは、アルギニンを1袋2500mg摂取できる身長サプリです。
スピルリナも入っていて栄養バランスもとれるように作られています。

 

アルギニンをシッカリ摂取するな、ドクターセノビルを選びましょう。

 

通常価格19600円、定期コースにするなら、50%オフの9800円です。
1か月60袋入っているので、小学生なら、兄弟1袋ずつで、1か月分になります。

 

化学的な統計調査に基づく結果で身長サプリを選ぶならこれしかありません。
小学生なら1日1袋。中学生以上なら、アルギニンを含む食品を食べる量に応じて、1袋か2袋か選ぶようにしましょう。

メーカー推奨は、一日二袋ですが、アルギニンを多くとっても、効果が上がるわけではないことに注意しましょう。

 


ドクターセノビルの詳細はこちら

 

 

アスミール

 

 

アスミールは、栄養バランスには優れていますが、アルギニンはあまり入っていません。

 

ですが、芸能人の小倉優子さんがイメージキャラクターを務めていることで大人気の身長サプリです。
価格も、定期コースなら2050円から始められるので、毎月の料金を抑えたい人にはおすすめ。

 

ただし、アルギニンはあまり入っていないため、食べ物からシッカリアルギニンを食べる必要が出てきます。

 


アスミールの詳細はこちら

 

 

カラダアルファ(α)

 

 

カラダアルファ(α)は、栄養素の配合量が多い身長サプリです。
余分な糖分が全く入っておらず、栄養満点な栄養補助食品として大人気です。

 

タブレットタイプで、おいしくないため小学生にはつらいですが、飲み込むことができる大きさなので、慣れれば問題ありません。

 

バランスの良い栄養補給のためにおすすめできます。

 

理想的には、ドクターセノビルを1袋+カラダアルファ(α)で1日当たりアルギニンとバランスの良い栄養素摂取ができます。

 

1か月あたり6000円。定期コースはありません。
公式ページなら、まとめ買いでお得に購入することができ、かつ、5%の次回還元ポイントがもらうことができます。

 


カラダアルファ(α)の詳細はこちら

 

 

さいごに

子供の身長を伸ばす方法をまとめました。
子供の身長を伸ばすのに重要なことは、アルギニンやタンパク質を含む食べ物を十分に摂取することと、思春期の到来を遅らせられるようにすることです。

 

その中で、すぐに取り組めて結果が得やすいのは、アルギニンを含む身長サプリを摂取することです。

 

小さなころから、ずっと、実践することでぐんぐん身長が伸びていくものです。
中学生の成長期まで待っていたら、いつの間にか身長が伸びる成長期が終わってしまいます。

 

そのため、子供の身長を伸ばすために必要なサポートをすることを決断したらすぐに実践するようにしてあげましょう。

 

正しい知識を持ったらすぐに実行することが最大限の結果を得るための必要条件なのです。